車両のご案内

車両のご案内トップへ

キハ40・47・48形

幅広い線区で活躍する普通用気動車

1977年に非電化ローカル線向けに登場した気動車。北は北海道から南は九州まで全国で投入され、多彩な条件に応じて多くの車種が製作されました。現在でも全国各地で現役で活躍しています。
当社では、冷房化改造工事や、省エネ高出力エンジンに交換する工事も実施しました。

緒元

緒元
キハ40・47・48形
形式 キハ40 キハ47 キハ48
寸法 最大長 21,300mm
最大幅 2,993mm
最大高 4,055mm 3,975〜4,055mm
車体 鋼製
座席 セミクロスシート
台車方式 揺れ枕つり式 または
上枕大口径心皿式
揺れ枕つり式 揺れ枕つり式 または
枕大口径心皿式
車両性能 最高速度95km/h
力行制御方式 変速 直結手動切換 
1・直2自動切換 350馬力エンジン1台搭載

このページのトップへ戻る