車両のご案内

車両のご案内トップへ

313系

様々なバリエーションを持つ当社の標準型電車

1999年に登場した313系電車は、快速列車や普通列車など、当社在来線車両の代表として、名古屋・静岡地区で活躍しています。
なかでも2006年に名古屋地区の東海道線に登場した6両編成の313系は、全席転換クロスシートを備え、全てのお客様が前向きに座って頂けることに加え、車体間ダンパやセミアクティブダンパなどを搭載して乗り心地も大幅に向上し、高いグレードのサービスを提供しています。

緒元

緒元
313系
形式 クモハ313 モハ313 クハ312 サハ313
寸法 最大長 20,100mm 20,000mm 20,100mm 20,000mm
最大幅 2,978mm
最大高 4,020mm
車体 軽量ステンレス構造(先頭部鋼製)
座席 転換クロスシート(一部固定・ロングシート)
台車方式 軽量ボルスタレス方式
電車性能 最高速度120〜130km/h
集電装置 シングルアーム式パンタグラフ -
(一部シングルアーム式パンタグラフ)
-
制御方式 VVVF(可変電圧可変周波数)インバータ制御方式

このページのトップへ戻る