お得なきっぷ

お得なきっぷルール (特別企画乗車券の取扱い方)

「お得なきっぷ」とは

「お得なきっぷ」とは、正式には「特別企画乗車券」といい、そのご利用にあたっては、設定区間、ご利用列車、ご利用設備、発売期間、ご利用期間、発売箇所、変更、払いもどし等に条件や制限がございます。

このページのTOPへ戻る

「お得なきっぷ」の種類

(1)回数券タイプ

  • ・きっぷに記載された区間を頻繁にご乗車されたり、グループでご乗車になる場合に便利なきっぷです。
  • ・1冊単位として発売します。(きっぷによって1冊あたりの枚数は異なります。)
  • ・1枚ずつご利用になれます。
  • ・設定区間のどちらの方向からもご利用になれます。

(2)往復タイプ

  • ・きっぷに記載された区間を往復される場合に、便利なきっぷです。
  • ・「ゆき」券と「かえり」券をセットで発売します。
  • ・往復のきっぷのほかに、乗り放題ゾーンや、目的地の観光施設への入場券等がセットになっているものもあります。

(3)乗り放題(フリー)タイプ

きっぷに記載された区間を何回でも乗り降りできるきっぷです。

(4)その他

回数券タイプ、往復タイプ、乗り放題(フリー)タイプ以外のきっぷ(片道タイプ等)です。

このページのTOPへ戻る

「お得なきっぷ」のご利用方法等

  • 「お得なきっぷ」を発売するための条件や制限、ご利用方法などについては、きっぷ毎に決められたルールのほか、この「お得なきっぷ」のルールや、きっぷのルール(旅客営業規則)などの共通のルールに基づく場合があります。
  • これらの適用順位については、以下の通りとします。
    【きっぷ毎に決められたルール>「お得なきっぷ」のルール>旅客営業規則などの共通のルール】
1.きっぷの概要
  • (1)発売箇所(=取扱箇所)

    発売箇所はきっぷ毎に決まっています。

  • (2)利用期間

    利用期間は、きっぷ毎に決まっています(ご利用いただけない期間がある場合もございます)。
    ※ご利用いただけない期間:4月27日∼5月6日、8月11日∼8月20日、12月28日∼1月6日(一部のきっぷについては、この期間以外にご利用いただけない期間がございます)

  • (3)発売期間

    • ・発売期間は、きっぷ毎に決まっています。
    • ・原則として、発売期間中であれば、ご乗車になる日(きっぷの有効開始日)の1ヶ月前から発売いたします。
    • ・回数券タイプはお買い求めいただいた日が有効開始日となります(前売りのお取扱いはいたしません)。
2.きっぷの効力
  • (1)利用できる列車、設備、設定区間、発売額等

    利用できる列車、設備(グリーン車、指定席、自由席等)、設定区間、発売額等は、きっぷ毎に決まっています。

  • (2)有効期間

    有効期間は、きっぷ毎に決まっています。

    • ※「1.きっぷの概要(2)利用期間」に記載の「ご利用いただけない期間」が定められており、かつ有効期間が2日間以上あるきっぷで、同有効期間がご利用いただけない期間をまたがる場合については、以下の取扱いとします。
    ア 回数券タイプ・・・
    ご利用いただけない期間の日数分を延長します。
    イ 回数券タイプ以外・・・
    ご利用いただけない期間に含まれる日数分は無効となります。
  • (3)使用方法

    • ・きっぷに表示された方向・経路にしたがって利用する場合に限り有効です
      (逆方向の利用、異なる経路の利用はできません)。
    • ・回数券タイプは、1枚で片道1回、設定区間のどちらの方向からでもご利用になれますが、いったん使用を開始した後、逆方向に乗車することはできません。
    • ・往復タイプの「ゆき」券は、「かえり」券を伴っている場合に限り有効です(「かえり」券の一部がフリー区間になっているものについては、フリー区間内は乗り降り自由です)。
    • ・特典券がある場合、その利用方法については、きっぷ毎に決まっています。
  • (4)途中下車

    • ・途中下車とは、旅行途中(乗車券の区間内)の駅でいったん改札口の外に出ることをいいます。
    • ・フリー区間及び一部の例外をのぞき、「お得なきっぷ」では、原則として途中下車することができません。
    • ・途中下車した場合、お乗りにならなかった区間は無効となり、再度ご乗車いただくことはできません。
  • (5)他の割引との重複

    • ・一部の例外を除き、各種割引証(学生・生徒旅客運賃割引証、株主優待割引券など)による割引の取扱いはいたしません。
    • 乗継割引の適用はいたしません。
  • (6)新幹線、在来線の特急・急行列車の乗り継ぎ利用

    • ・一部の例外を除き、新幹線をご利用になれる「お得なきっぷ」については、改札口を出ない場合に限り、1枚のきっぷで、新幹線利用区間内の2列車以上を乗り継いでご利用いただけるものがあります。
    • ・在来線の特急・急行列車をご利用になれる「お得なきっぷ」については、特に記載がない限り、片道あたり1列車に限ってご利用になれます(2列車以上を乗り継いでご利用いただくことはできません)。

    ※新幹線と在来線の特急・急行列車を乗り継いでご利用いただける「お得なきっぷ」についても、新幹線ご利用区間内は上記新幹線の、在来線の特急・急行列車区間内の乗り継ぎ方法をそれぞれ準用いたします。

  • (7)乗車整理券が必要な列車への乗車

3.座席のご予約

指定席をご利用になれるきっぷをお持ちの場合は、発売箇所で、乗車前に指定席をご予約ください。なお、指定席券売機が設置されている駅については、同券売機にて座席のご予約(一部のきっぷ及び一部の区間を除く)ができます。

4.きっぷの変更等の取り扱い
  • ・他のきっぷへの変更、ご乗車される区間の変更及びご乗車される経路の変更、有効期間開始日の変更の取扱いはいたしません。
  • ・きっぷに記載された区間を外れてご乗車される場合については、特に記載がない限り、きっぷに記載された区間以外の区間に必要な運賃・料金を別にいただきます。
  • ・指定席をご利用になれるきっぷの場合、特に記載がない限り、指定列車の出発前の1回に限り、有効期間内に出発する他の列車への変更ができます。
  • ・指定席をご利用になれるきっぷで、指定列車に乗遅れた場合は、乗り放題(フリー)タイプを除いて、きっぷの特急券部分は無効となり、有効期間内は乗車券部分のみ有効となります(特急等に乗車する場合は、別に特急券等に該当する料金券の購入が必要です)。ただし、お持ちの指定席券に表示された乗車日の当日に限って、そのきっぷでご利用になれる対象列車の普通車自由席に乗車できます(一部のきっぷを除きます)。詳しくは駅係員におたずねください。
5.払いもどし
  • (1)回数券タイプ
    ア 使用開始前で有効期間内のきっぷの払いもどし
    回数券の表紙券を含む、全てのきっぷが未使用で、有効期間内(指定席をご予約された場合は、指定列車の出発時刻まで)に限り、手数料(220円)をいただいて、発売箇所で払いもどします。
    イ 使用開始後のきっぷの払いもどし
    使用開始後の払いもどしはいたしません。
    ウ 事故などにより列車が運転できない場合や列車が遅れた場合の払いもどし
    • ・無割引の運賃・料金をお支払いいただいているものとして、旅客営業規則の定めにより、1枚(1券片)あたりの発売額(払いもどしの上限額の定めがある場合は、その上限額)を限度として、発売箇所で払いもどします。
    • ・払いもどしの期限は、払いもどしの原因となった事故などが発生した日の翌日を1日目として、1年以内です。
  • (2)往復タイプ
    ア 使用開始前で有効期間内のきっぷの払いもどし
    未使用で有効期間開始日前または有効期間内に限り、次の手数料をいただいて、発売箇所で払いもどします。
    【手数料】=(A)+(B)+(C)
    (A) (B) (C)
    乗車券(運賃)部分 「ゆき」券の料金券
    (特急券、グリーン券等)部分
    「かえり」券の料金券
    (特急券、グリーン券等)部分
    220円 自由席タイプ 220円 自由席タイプ 220円
    指定席タイプで列車をご予約されていない場合 330円 指定席タイプで列車をご予約されていない場合 330円
    指定席タイプで列車をご予約されている場合
    • ◆ご予約された列車の出発する日の2日前まで 330円
    • ◆ご予約された列車の出発する日の前日からご予約された列車の出発時刻まで
      お持ちのきっぷの乗車区間の所定の料金(グリーン車用については、グリーン料金)×30%
      (ただし最低330円)
    • ◆ご予約された列車の出発時刻以降
      きっぷの区間の所定の料金全額
    指定席タイプで列車をご予約されている場合
    • ◆ご予約された列車の出発する日の2日前まで 330円
    • ◆ご予約された列車の出発する日の前日からご予約された列車の出発時刻まで
      お持ちのきっぷの乗車区間の所定の料金(グリーン車用については、グリーン料金)×30%
      (ただし最低330円)
    • ◆ご予約された列車の出発時刻以降
      きっぷの区間の所定の料金全額
    イ 使用開始後で有効期間内のきっぷの払いもどし
    • ・「ゆき」券は、使用開始後の払いもどしはいたしません。
    • ・「かえり」券が未使用で有効期間開始日前または有効期間内に限り、「ゆき」券に記載された区間の所定の運賃・料金及び、次の手数料をいただいて、発売箇所で払いもどします。
      【手数料】=(A)+(B)
    (A) (B)
    乗車券(運賃)部分 「かえり」券の料金券
    (特急券、グリーン券等)部分
    220円 自由席タイプ 220円
    指定席タイプで列車をご予約されていない場合 330円
    指定席タイプで列車をご予約されている場合
    • ◆ご予約された列車の出発する日の2日前まで 330円
    • ◆ご予約された列車の出発する日の前日からご予約された列車の出発時刻まで
      お持ちのきっぷの乗車区間の所定の料金(グリーン車用については、グリーン料金)×30%
      (ただし最低330円)
    • ◆ご予約された列車の出発時刻以降
      きっぷの区間の所定の料金全額
    ウ 事故などにより列車が運転できない場合や列車が遅れた場合の払いもどし
    • ・無割引の運賃・料金をお支払いいただいているものとして、旅客営業規則の定めにより、発売額(払いもどしの上限額の定めがある場合は、それぞれの払いもどしの上限額)を限度として、発売箇所で払いもどしをします。
    • ・払いもどしの期限は、払いもどしの原因となった事故などが発生した日の翌日を1日目として、1年以内です。
  • (3)乗り放題(フリー)タイプ
    ア 使用開始前で有効期間内のきっぷの払いもどし
    未使用で、有効期間開始日前または有効期間内(座席の指定を受けた場合は、指定列車の出発時刻までに取り消しを行った場合)に限り、きっぷ毎に決められた手数料をいただいて、発売箇所で払いもどします。
    イ 使用開始後で有効期間内のきっぷの払いもどし
    使用開始後の払いもどしはいたしません。
    ウ 事故などにより列車が運転できない場合や列車が遅れた場合の払いもどし
    使用開始後の払いもどしはいたしません。
  • (4)その他
    きっぷ毎に決められた条件・制限がありますので、詳しくは各きっぷのご案内ページにて確認してください。
6.「お得なきっぷ」を紛失した場合の取扱い
  • ・「お得なきっぷ」をなくされた場合、駅のきっぷうりばや列車の係員にその旨を話して、紛失再発行用として、そのきっぷと同じ利用条件(区間・列車・設備等)の無割引のきっぷをもう一度お買い求めください(きっぷに「紛失再」の表示をいたします)。買いなおしたきっぷは、下車駅で係員から「再収受証明」を受け、そのままお持ち帰りください。
  • ・なくされた「お得なきっぷ」が1年以内に見つかりましたら、再購入されたきっぷと、なくされたきっぷの両方を、なくされたきっぷの発売箇所またはご旅行を終了された着駅までお持ちください。再購入されたきっぷについて、乗車券と自由席特急券は各220円、指定席特急券は330円の手数料を差し引いて払いもどしをいたします。
  • ・再購入されたきっぷがなくされた「お得なきっぷ」と同じ利用条件(同じ区間・列車・設備等)でないとき、または、なくされた「お得なきっぷ」と同じ利用条件でご利用にならなかったことが確認されたときには、払いもどしができない場合や払いもどし額が上記と異なる場合があります。
  • ・「お得なきっぷ」に含まれるJR線(連絡運輸のお取扱いをしている私鉄などを含みます)が紛失再発行の対象となります。それ以外のレンタカー券、観光施設の入館引換券、お買いもの券、バスなどの交通機関のご利用券などについては、このお取扱いをいたしません。
  • ・一部の「お得なきっぷ」については、このお取扱いをいたしません。詳しくは係員におたずねください。

このページのTOPへ戻る

お得なきっぷTOPに戻る